×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ヒオウギアヤメ 【檜扇菖蒲 檜扇文目】 アヤメ科 学名:Iris setosa

花期:夏 亜高山帯の湿地や高層湿原に群生。直径 8 センチほどの青紫色の花をつける。
外花被片は広倒卵形で長さが5cmほどで垂れ下がり,基部に黄と紫の虎斑模様がある。
内花被片は倒卵形で長さが1cmほどで,直立する。
 花がアヤメ(文目),葉がヒオウギ(檜扇)に似ていることから命名された。


2001/7/25 耶麻郡北塩原村 裏磐梯 レンゲ沼付近 (手前の黄色の花はクサレダマ)
ヒオウギアヤメ 【檜扇菖蒲】 アヤメ科

back to top