×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ヘビイチゴ 【蛇苺】 バラ科ヘビイチゴ属 学名:Duchesnea chrysantha

日本全土、中国、インド、ジャワ島の温帯から熱帯に分布。各地の野原、道端などに、普通に見られる。
風通しの良い場所を好み、高さ5cmほど。夏にて光沢のない赤い果実が熟す。食用としない。
花期は4〜6月で、花柄の先に一つ、径1〜2cmの黄色い五弁花がつく。
その名から毒ヘビを連想し、嫌われるのみならず、有毒と思われることもあるが、毒はない。
 ほふく性多年草で、仲間に果実が大き目で光沢のあるヤブヘビイチゴがある。


2009/6/14 飯森山 撮影:楢葉町 黒田豊 氏
ヘビイチゴ 【蛇苺】 バラ科

2002/4/11 いわき市小川町江田 背戸峨廊(夏井川支流江田川の渓谷)
ヘビイチゴ 【蛇苺】 バラ科

2001/5 いわき市四倉町 福島県いわき海浜自然の家エリア内
ヘビイチゴ 【蛇苺】 バラ科


back to top