×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ハブソウ 【波布草】 マメ科カワラケツメイ属 学名:Cassia occidentalis

原産地:熱帯アメリカで江戸時代に中国から渡来。 生薬名 ボウコウナン(望江南) 薬用部分 種子、葉
慢性便秘などに種子を焙じて、はぶ茶として煎じて用い、葉も煎じて、お茶がわりに飲む。 虫刺されには、生の葉を揉んで、汁に患部に塗布する。


2001/7/26 耶麻郡猪苗代町 ハーブ園
ハブソウ 【波布草】 マメ科

back to top