×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ガクウラジロヨウラク 【萼裏白瓔珞】ツツジ(躑躅)科 ヨウラクツツジ(躑躅)属  学名: Menziesia multiflora Maxim 

 北海道、本州(中部以北)の主に日本海側に多く分布し、高さ1-2mの、低木山地〜亜高山帯のやや湿り気のある草地、湿原に生える落葉低木。
 主に太平洋側に多いウラジロヨウラクの変種で、ウラジロヨウラクに比べ、萼が線形で長くの腺毛がはえるのが特徴。
 花は5月下旬〜7月下旬に淡紅〜淡紫色で筒状鐘形長さ13〜17mm、淡紅色で下垂してつく。果実は上向きで葉の上に出る。


2007/7/6 安達太良山 撮影者 黒田豊氏(楢葉町)

back to top