×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


フシグロセンノウ 【節黒仙翁】 ナデシコ科センノウ属 学名:Lychnis miqueliana

 本州、四国、九州に分布し、山地の林下などに生える高さ30〜40p位の日陰を好む多年草。
7月から9月にかけて開花し、茎の先に朱赤色の 5 弁花をつける。和名の由来は節が太くて黒紫色を帯びることからついた。
 逢坂の関のあたりに多く咲いていたことから別名、逢坂草(オオサカソウ)。


2008/8/10 双葉郡楢葉町 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏
2007/9/2 いわき市四時川渓谷 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏


back to top