×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


フクオウソウ 【福王草】  キク科フクオウソウ属  学名:Prenanthes acerifolia

 本州〜四国、九州に分布し、山野の林内に生える草丈50〜100cmの多年草。
名前は、最初の発見地が三重県の福王山であったことに因む。花期:10〜11月晩夏〜初秋。花は紫白色で下向きに咲き、直径約1cm。
長い雄シベが目立つ。根生葉は3〜7裂する。 葉柄はやや長く、翼がある。茎生葉はほとんど付かない。茎や葉の裏面などに腺毛がある。


2007/9/2 いわき市四時川渓谷 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏

back to top