×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


エゾツツジ 【蝦夷躑躅】 ツツジ科 学名:Rhododendron camtschaticum Pall.

 和名の由来は日本では最初に北海道で発見されたことからで、花期は7〜8月上旬、草丈5〜30cm程度。
 高山の風当たりの強い岩礫地や草原に生育する落葉小低木。地面を這う幹から分枝し、葉は倒卵形で先は円く基部は楔型。地面から直接花が出ているように見える。
 枝の先に直径4pほどの花が1〜3個つく。丈が小さいために花が実際以上に大きく見え、色も鮮やかで美しい。蕾も丸くぼってりとしており、高山植物としての風格を備えた花である。


2007/7/8 秋田駒ヶ岳 撮影:楢葉町 黒田豊氏


back to top