×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


エゴノキ 【斉燉果】 エゴノキ科エゴノキ属 学名:Styrax japonica.

別名 チシャノキ、ロクロギ。サポニンを含んでいて、果皮の味がエグイのでこの名がついた。
長めの花柄で垂れ下がって咲く白い花はとても清楚。でもじきに落ちてしまう。
分布:北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯下部


エゴノキ  2001/5/4 双葉郡浪江町西台
エゴノキ 【斉燉果】 エゴノキ科
エゴノキ花 2001/6 双葉郡浪江町西台
エゴノキ 【斉燉果】 エゴノキ科
エゴノキ果実 2001/7/3 いわき市久之浜町田之網 いわき海浜自然の家野営場付近
エゴノキ 【斉燉果】 エゴノキ科
エゴノキ 2001/7/26 双葉郡浪江町西台
 (円内の写真 2001/8/5 いわき市久之浜町田之網 いわき海浜自然の家エリア内)

エゴノキの果実ができ始めた6月中旬頃から、また花が咲いたと思って眺めていたら
いつまで経っても開花しないので近づいて見ると写真のようなものが観られた。
葉柄から着いているものは花ではなく、中味は虫が棲んでいた。一体何?

Mon, 03 Oct 2005 Miyazaki kazuo さんに教えていただきました。「エゴノネコアシ」という虫こぶだそうです。 エゴノキ 【斉燉果】 エゴノキ科


back to top