×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


チガヤ【茅・白茅】イネ科チガヤ属 学名:Imperata cylindrica var. koenigii

 秋から冬にかけ、葉は紅葉して赤紫色を帯びて美しい。落葉するのではなく、葉緑素を減らした結果、緑色が失せて赤くなる。
 乾燥しやすい南向き斜面で紅葉は顕著であり、北向き斜面では緑色が残って色が濁っている。冬季の低温の時期、この状態で過ごし、春になるといち早く生長を再開する。
 花穂は花が終わるとやがて種子に付いた毛が生長し、綿毛となる。散布の最中に土手の上を車で走ると、ふわふわとチガヤの種子が飛んでくる。
 ススキと並んで、刈取り草原の代表的種。


2001/6/10 いわき市四倉町上仁井田 仁井田川河口
チガヤ 【茅・白茅】 イネ科


back to top